太陽光発電を始めるなら早いほうがよいです

オリジナル見出し01

現在いろいろと話題の太陽光発電。



興味があり初めてみたいと考えている方も多いと思います。


太陽光発電のメリットは設置するだけで特にメンテナンスが必要なく収入が入ってくることです。

ですがパネル自体の価格がまだ高価であったり、設置する場所が必要であることなど、イニシャルコストや最初のハードルが高いのもまた事実です。



しかし太陽光発電を検討中なら早めに始めた方がよいです。それは電力の買い取り価格が年々下がる傾向にあるためです。



電力買い取りの原資は、再エネ発電賦課金として電力会社から電気を購入している一般家庭や企業などから幅広く徴収されています。



最近はニュースなどでもよく話題になりますが、この再エネ発電賦課金が買い取り電力の急増により年々上昇しており、一般家庭の負担が増加していることが問題となっています。



最終的には一人あたり年間2.3万円まで上昇してしまうという試算もあります。
そのため、一般の方々の負担増をなるべく抑制しようと、電力買い取りの単価が年々下落しています。


この単価は太陽光発電では非常に重要で、直接利益率に関わってきます。



なので検討中で設置場所がある方や設置できる土地の候補がある方は早めに発電、売電を開始できるように動き始めた方がよいと思います。



まずは扱っている企業、電気店、専門店などに設置の可否、設備自体の見積もり、予想される発電量と売電収入、工期や売電開始までの期間などを相談してみると良いと思います。


数社に相談してみて、その結果次第で設置をするしないなどを考えてみるのも良いかもしれません。



関連リンク

  • タイトル21

    最近、各所で太陽光発電システムを導入している家庭を見かけることと思います。エコブームに乗ってか、さまざまなところで宣伝をされていますが、太陽光発電を導入することで一体どういうメリットがあるのでしょうか。...

  • タイトル22

    太陽光発電が注目される前から、太陽の光を利用した太陽熱温水器というものがありました。太陽熱温水器は太陽の熱で水を温め、お湯としてそれを用いるというものです。...