太陽光は昔から活用されている

オリジナル見出し01

太陽光発電が注目される前から、太陽の光を利用した太陽熱温水器というものがありました。



太陽熱温水器は太陽の熱で水を温め、お湯としてそれを用いるというものです。
屋根に置くソーラーパネルも、貯水タンクも、ホームセンターに売られているもので自作できることから、DIYの一環としてやってみる人が最近増えているそうです。



これを太陽熱利用と言い、新エネルギーの1つとして太陽光発電と同様の扱いがなされています。



そのため、ソーラーパネルの設置などには補助金も出ます。

このように太陽光発電が主流になる前から日本では太陽の光を応用したものが出ています。



太陽光発電の最大のメリットは売電にあります。



余った電力は電力会社に売り、天気が悪い時は自給した電力を補う程度だけ電力を買えばいいのです。



もちろん初期設置費用が大変なのですが、こちらも補助金などが出るため、だいたい10年で元がとれるといいます。
もちろん、1度設置しておけばそれでいいという代物でなく、メンテナンスを常日頃していないと発電効率が落ちてしまうこと、雪が降ると太陽光パネルが壊れたり、すぐ下に落下し下の土地に影響が出ることなど、一応のデメリットもあります。


しかし、それを差し引いても、この発電方法はクリーンエネルギーとして全世界で人気です。



そして、日本でも商業施設には必ずソーラーパネルがある状況でもあります。



もっともっと増やし、クリーンエネルギーで支えられる時代にしていかないといけません。

関連リンク

  • タイトル21

    最近、各所で太陽光発電システムを導入している家庭を見かけることと思います。エコブームに乗ってか、さまざまなところで宣伝をされていますが、太陽光発電を導入することで一体どういうメリットがあるのでしょうか。...

  • タイトル22

    お金に余裕があるなら太陽光は導入しておきたいシステムです。これはもう説明不要で一般的に誰もが知っている便利なサービスですが、最大のネックはコストが高い事、そして夜にメリットがないことです。...